国民年金法改正

国民年金法改正についてご説明します。

◆平成17年度国民年金の改正点を記します。

(1)国民年金保険料が改正されます
平成16年度の保険料13,300円を、平成17年度から13,580円に改正されます。毎年度280円づつ引き上げ、平成29年度以降の保険料は16,900円に固定されます。

(2)30歳未満の保険料納付猶予制度の設立
30歳未満の若年層に対する対策として、申請すると、30歳未満の本人と配偶者の所得が一定以下であれば保険料の納付が猶予されます。

(3)第3号被保険者の特例届出
第3号被保険者(厚生年金保険等に加入する方の被扶養配偶者)の特例が認められます。
第3号被保険者の届出が遅れたときには、2年前まではさかのぼって第3号被保険者の期間となりますが、それ以前の期間は、「保険料未納と同じ取り扱い」となっていました。今回の改正では、特例の届出をしていただくことによって、2年以上前の期間も第3号被保険者期間として取り扱い、将来その分の年金を受け取ることができるようになります。
その期間を、平成17年4月以降に届け出ると、昭和61年4月まで遡って納付済期間に算入されることになりました。
 
(4)口座振替割引制度の導入
国民年金の保険料は、納付期限は翌月末ですが、これを当月末の口座振替にすると保険料が割引されます。

(5)免除の所得基準の見直し
平成17年3月までの免除制度の基準は、4人世帯をモデルに設定されていました。単身世帯の基準は、他の世帯と比べて厳しいことから、単身世帯を中心に所得要件が平成17年4月以降の申請から緩和されました。

(6)保険料の追納の変更
将来の老齢基礎年金額を増やすため、免除や学生納付特例期間の保険料を10年前まで遡って納めることができます。ただし納める保険料には一定率が加算されます。
その他、従来追納する時は、学生納付特例期間を優先しましたが、平成17年4月以降に追納する時は、本人が選択できるようになりました。

◆平成18年度国民年金法の改正点を記します。

(1)国民年金保険料が改正されます
平成18年4月から平成19年3月までの国民年金保険料は、月280円引き上げされ、月額13,860円になります。
 国民年金保険料は、平成29年度まで毎年度月額280円引き上げられ最終的に月額16,900円となる予定です。
これは、急速な少子高齢化に対応するため、年金を支える力と給付のバランスを取る仕組みを導入することにより、極力保険料の上昇を抑え、将来の保険料額を明確としたものです。

(2)なお、基礎年金の国庫負担を、1/3から1/2に引き上げることにより、どの世代でも納付した保険料の1.7倍以上の年金が受け取れるように試算しています。

(3)保険料免除(一部納付)が4段階になります
平成18年7月から、さらに納付しやすい環境にするため、従来からの全額免除及び1/2納付(半額免除)に加え、1/4納付及び3/4納付の新しい2段階が加わります。従って、免除及び一部納付は、合計で4段階になります。

(4)保険料の全額免除・若年者納付猶予は継続申請が可能です
平成17年7月から、全額免除または若年者納付猶予の申請で、承認された場合、事前に翌年度以降も引き続き申請をしたい旨の申出をすることで、毎年度の申請書の提出を省略できます。

◆平成18年度年金給付関係の改正点を記します

(1)平成18年度の年金額は0.3%引き下げとなります。
平成17年の年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む総合指数)が、対前年マイナス0.3%であったため、平成18年度の年金額は、前年度より0.3%少ない額となります。
この引き下げを金額に直すと、満額の老齢基礎年金の場合、月額で200円になります。

(2)障害基礎年金等の納付要件の特例措置が延長されます
障害基礎年金、遺族基礎年金の保険料納付要件については、原則として、加入期間の2/3以上の保険料納付済期間または保険料免除期間が必要です。
このほか、特例として平成18年3月31日以前までの期間であれば、初診日(死亡日)の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納期間がなければよいこととされていました。
今回、この特例が延長され、平成28年3月31日以前までの期間となります。

◆平成19年度国民年金法の改正点を記します

・国民年金保険料が改正されます。
平成19年4月分から平成20年3月分までの国民年金保険料は、月240円引き上げされ、月額14,100円となります。
 国民年金保険料は、平成29年度まで毎年度月額280円(この額は物価指数等により変動します)引き上げられ最終的に月額16,900円となる予定です。これは、急速な少子高齢化に対応するため、年金を支える力と給付のバランスを取る仕組みを導入することにより、極力保険料の上昇を抑え、将来の保険料額を明確としたものです。

◆平成20年度国民年金法の改正点を記します

(1)国民年金保険料が改正されます。
平成20年4月から平成21年3月までの国民年金保険料は、月310円引き上げされ、月額14,410円になります。
国民年金保険料は、平成29年度まで、毎年度月額約280円引き上げられ最終的に月額16,900円となる予定です。

.


posted by nenkin1321 at 15:24 | Comment(0) | 国民年金法改正
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。