国民年金種別変更

国民年金種別変更についてご説明します。

◆日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は、全て国民年金に加入することになっています。職業等により次の種別に分類されます。

(1)日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の、自営業者、漁農業者、学生、フリーター、無職の方を、国民年金第1号被保険者と言います。

(2)日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の民間のサラリーマンや公務員等は、厚生年金や、共済年金に加入することになっていますが、その方を、厚生年金第2号被保険者と言います

(3)夫が民間のサラリーマンや公務員等で、その夫に扶養される妻(配偶者)の方を、国民年金第3号被保険者と言います。

◆下記の場合、種別変更手続き等が必要です。
就職や退職、結婚、離婚などで国民年金や厚生年金の加入者の種別が変更になった場合は、将来、年金を受け取るために届出が必要になります。

・大学を卒業後、または無職の人が会社に就職した場合・・・
 就職者:第1号被保険者→第2号被保険者

・夫と結婚して、会社員の妻になった場合・・・
 妻:第1号被保険者→第3号被保険者

・夫が無職から会社に就職したので、会社員の妻になった・・・
 夫:第1号→第2号被保険者、妻:第1号→第3号被保険者

・会社員の夫が転職して、自営業者になった・・・
 夫:第2号→第1号被保険者、妻:第3号→第1号被保険者

・妻が会社に就職して、会社勤めの夫の扶養から外れた・・・
 妻:第3号被保険者→第2号被保険者

・妻の収入が増え、会社員の夫の扶養から外れた・・・
 妻:第3号被保険者→第1号被保険者

・会社を退職して、自営業者の妻になった・・・
 妻:第2号被保険者→第1号被保険者

・会社を退職して、会社員の妻になった・・・
 妻:第2号被保険者→第3号被保険者

・夫が会社を退職して、無職になった・・・
 夫:第2号→第1号被保険者、妻:第3号→第1号被保険者

・会社員の夫と離婚して、妻は自営業者になった・・・
 妻:第3号被保険者→第1号被保険者

・会社員の夫が亡くなって、妻は未亡人になった・・・
 夫:第2号被保険者→死去手続き、妻:第3号→第1号被保険者

◆手続きについては、第1号被保険者の方は、現住所のある市区町村役場で行っていますので、ご相談下さい。
手続には、印鑑や年金手帳のほかに健康保険証などの添付書類が必要な場合があります。
厚生年金保険や共済組合に加入されている方は、勤務先の年金担当者にご相談下さい。
第3号被保険者の届出は、事業主等を経由して社会保険事務所へ提出することになりますので、勤務先にご相談下さい。
なお、勤務先を経由できない場合は、社会保険事務所へお問い合わせ下さい。

.


posted by nenkin1321 at 21:19 | Comment(1) | 国民年金種別変更
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。