国民年金手帳紛失

国民年金手帳紛失についてご説明します。

◆年金手帳は加入者であることの証明と、年金を受け取るための大切な書類です。年金手帳を紛失したことがわかった時は、速やかに再発行の手続を行って下さい。加入している年金の種別により届け先が異なりますので、ご注意下さい。

(1)国民年金に加入の方、もしくは過去に加入していた方
市区町村役場の国民年金係あてか、最寄りの社会保険事務所に、「年金手帳再交付申請書」を提出して下さい。
後日、年金手帳は自宅に郵送されます。
申請書の提出は、郵送でも取扱いしています。

(2)厚生年金に加入の方
現在勤務されている民間会社の年金担当者あてに、「年金手帳再交付申請書」を提出して下さい。会社から社会保険事務所へ申請され、そしてまた会社を経由して、年金手帳が交付されます。

(3)厚生年金加入者である夫の配偶者等(第3号被保険者)の場合
現在勤務されている民間会社の年金担当者あてに、「年金手帳再交付申請書」を提出して下さい。会社から社会保険事務所へ申請され、そしてまた会社を経由して、年金手帳が交付されます。

(4)共済組合に加入の方
・年金手帳を持っていた方の場合、「年金手帳再交付申請書」を社会保険事務所に提出して下さい。後日、年金手帳が自宅に郵送されます。
基礎年金番号がわかる方は、郵送でも可能です。
・共済組合のみ加入の方の場合、平成9年発行の「基礎年金番号通知書」の再発行になります。この場合、「基礎年金番号通知書再交付申請書」を、社会保険事務所へ提出して下さい。申込申請は、郵送でも可能です。

(5)共済組合加入者である夫の配偶者等(第3号被保険者)の場合
共済組合に加入の方(4)と同様の取扱いになります。

(6)社会保険事務所、市区町村役場で手続きに必要なもの
・運転免許証、パスポート、健康保険証などご本人確認ができる書類
・認印(本人が手続きするときは不要)
・委任状(本人以外が手続きするとき)

.


posted by nenkin1321 at 18:40 | 国民年金手帳紛失
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。