国民年金番号とは

国民年金番号とは、についてご説明します。

国民年金番号とは、基礎年金番号のことを指します。従来、国民年金、厚生年金保険、共済組合の制度では、加入者の年金番号を独自につけていましたが、平成9年1月から、すべての年金制度に共通した「基礎年金番号」という統一番号をつけることになりました。
 
この基礎年金番号採用により、転職や退職などで加入する制度が変わったり、また、年金を受けるようになっても年金番号が変わらないため、年金相談や年金の支払いがスムーズで確実になります。

基礎年金番号の内訳
(1)従来の年金制度の年金番号は、年金の種類によって7桁から12桁までの番号体系を採っていましたが、平成9年1月からスタートした基礎年金番号では、国民年金、厚生年金、共済組合のいずれも、10桁の番号体系になりました。

(2)平成8年12月以前に、共済組合に加入していた方、または共済組合から年金を受け取っている方は、新たな基礎年金番号がつけられます。その他の厚生年金、国民年金に加入している方は、従来からの年金番号が、そのまま基礎年金番号になります。

(3)平成9年1月から、基礎年金番号を実施するに当り、平成8年12月以前に、国民年金、厚生年金、共済年金に加入していた方に対し、「基礎年金番号通知書」を送付し、年金を受けていた方には、基礎年金番号が記された「新年金証書」を送付して、基礎年金番号を通知しています。但し共済組合のみで年金を受けていた方には、年金証書はそのままで、「基礎年金通知書」で通知しています。

(4)平成9年1月以降に、国民年金、厚生年金に加入した方には、基礎年金番号のついた新年金手帳(青色)を送付して通知します。但し、共済組合に加入した方には、「基礎年金通知書」で通知します。
また、平成9年1月以降に、年金を初めて受け取る方で、まだ基礎年金番号がついていない方には、「新年金証書」で基礎年金番号を通知します。

(5)平成8年12月以前に上記の公的年金に加入していた方には、「基礎年金番号通知書」が送付されていますが、従来の年金手帳(黄色)の表紙の裏面に貼付して下さい。 

◆共通の基礎年金番号をつけたメリット

(1)届出忘れによる未加入者の発生を防止
・転職等の際、市町村に対し国民年金第1号被保険者または第3号被保険者であることの届出を忘れていた場合、届出が必要であることを知らせることができるようになります。

・自営業(第1号被保険者)の方が、サラリーマン(第2号被保険者)になった時に行う届出を忘れていた場合、本人に確認のお知らせをすることができるようになります。

(2)年金サービスの向上
・加入記録を各制度を通じて管理できるため、複数の年金を受ける権利がある場合で、調整が行われていない時に生じる年金の払い過ぎや、それに伴う返納金の発生を防止できます。

・将来は、加入記録や年金見込額などを通知する行政サービスを行えるようになります。

・また、年金相談や年金の裁定が、従来より迅速かつ確実に行えるようになります。

.


posted by nenkin1321 at 13:54 | 国民年金番号
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。