社会保険庁

社会保険庁についてご説明します。

◆社会保険庁は、厚生労働省の外局として設立されています。
政府が管掌する健康保険事業、船員保険事業、厚生年金保険事業、国民年金事業等の運営を任務とする社会保障担当の行政機関であり、地方支分部局として都道府県単位の社会保険事務局が設置され、その統括下に社会保険事務所が置かれています。

社会保険庁の組織

(1)本庁組織の中に総務部と運営部が置かれています。
(2)施設機関として、職員の研修機関である社会保険大学校があります。
(3)年金業務の中心となる社会保険業務センターが置かれています。この社会保険庁から、すべての公的年金制度の詳細が発信されます。
(4)地方支分部局として各都道府県単位に地方社会保険事務局(47カ所)が置かれています。
(5)その出先機関として全国に社会保険事務所(265カ所)が置かれています。

◆関連する厚生労働省所管公益法人一覧(所管局−社会保険庁)

(1)財団 社会保険協会 03(3719)4844
  東京都渋谷区恵比寿南3−9−8
・目的の概要
社会保険の被保険者等の福祉を増進し、社会保険事業の普及発展のために必要な事業を行い、もって社会保険制度の円滑な運営と健全な発展に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
社会保険制度の啓発普及活動、被保険者等の健康の保持増進及び福祉の増進のための施設等の運営等

(2)財団 全国社会保険共済会 03(3253)2016
  東京都千代田区神田鍛冶町3-4-2
・目的の概要
社会保険制度の普及、発展に寄与するため必要な業務を行うとともに、これら社会保険の被保険者並びに社会保険事業に従事する職員の福祉の増進に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
社会保険事業の普及のための広報活動、独立行政法人福祉医療機構が行う住宅資金の貸付制度に関する事業、独立行政法人福祉医療機構が行う年金教育資金の貸付制度に関する事業等

(3)財団 厚生年金事業振興団 03(3354)8881
  東京都新宿区新宿5−5−10
・目的の概要
厚生年金保険の被保険者等の福祉を増進するために必要な事業を行い、厚生年金保険制度の円滑な運営と健全な発展を図り、もって国民の福祉の向上に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
厚生年金保険制度の普及、厚生年金保険制度に関する調査、研究及びその助成、厚生年金保険の被保険者等の教養文化の向上、健康の保持増進、厚生年金保険福祉施設事業の経営及び実施等

(4)社団 日本国民年金協会 03(3265)2885
  東京都千代田区平河町2−5−5
・目的の概要
健全な国民生活の維持及び向上を目途とする国民年金制度を充実発展させるため、保険者、被保険者及び保険関係者等の協力を促進し、制度の普及につとめ、もって事業の円滑な運営に資するとともに、制度の改善進歩に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
国民年金の制度及び運営の改善充実のための調査、研究及び建議、国民年金制度の普及及び発展向上の広報宣伝事業、国民年金関係者に対する研修事業、国外に居住する国民年金の被保険者の加入手続等に関する事業等

(5)社団 全国国民年金福祉協会連合会 03(3485)1428
  東京都目黒区大橋2−19−5
・目的の概要
国民年金福祉施設の円滑な運営を図り、あわせて国民年金の被保険者、受給権者等の福祉の増進に資する各種事業を推進することにより、国民年金制度の健全な発展に寄与することを目的とする。 
・主な事業の概要
国民年金福祉施設の広報宣伝及び利用案内、国民年金福祉施設の受託経営、国民年金の被保険者、受給権者への生きがい対策事業等

(6)社団 全国厚生年金受給者団体連合会 03(5371)5541
  東京都新宿区西新宿4−32−12
・目的の概要
厚生年金保険の年金受給者の福祉の向上を図ることを目的として組織された団体の健全な育成を図るとともに、厚生年金保険制度の趣旨の普及に努め、もって厚生年金保険事業の円滑な実施に寄与し、併せて年金受給者の福祉の増進に資することを目的とする。
・主な事業の概要
厚生年金保険制度の広報事業、厚生年金保険制度に関する調査研究、厚生年金受給者に対し生きがいを与えるための諸施策の実施及び推進、厚生年金保険制度に関する情報提供等

(7)財団 社会保険健康事業財団 03(5449)8501
  東京都港区高輪3−22−12
・目的の概要
健康保険、厚生年金保険、船員保険及び国民年金の被保険者等の健康の保持増進及び福祉の増進に資するために必要な事業を行い、もって社会保険制度の円滑な運営に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
被保険者等に対する健康診査の普及推進、健康増進のための施設等の運営、健康意識の高揚のための啓発普及活動、健康及び福祉の増進等に関する調査研究等

(8)財団 船員保険会 03(3407)6061
  東京都渋谷区渋谷1−5−6
・目的の概要
船員保険制度の円満な運営と健全な発達を期するため、被保険者等の福祉の増進を図ることを目的とする。
・主な事業の概要
船員保険制度の普及及び指導に関すること、船員保険に関する調査、研究及び図書の刊行等に関すること、政府の委託に係る船員保険福祉事業の経営及び実施に関すること等

(9)社団 全国社会保険協会連合会 03(3445)0800
  東京都港区高輪3−22−12
・目的の概要
健康保険及び厚生年金保険その他社会保険事業の円滑な運営を促進し、併せて被保険者及び被扶養者の福祉を図るとともに、社会保障制度の確立に資することを目的とする。
・主な事業の概要
社会保険事業の円滑な運営を図るため必要とされる病院、診療所、看護師養成所及び老人保健施設等の経営並びに整備、社会保険の被保険者等に対する健康教育、健康診査等健康の保持増進に関する事業及び被保険者に対する医療費の貸付事業、社会保険制度の普及、発達、向上に資するための広報宣伝及び出版その他の事業等

(10)財団 日本船員住宅協会 03(5410)0855
  東京都港区六本木7−15−26
・目的の概要
船員保険及び厚生年金保険の船員たる被保険者等に対し、良好な住宅及び宅地を供給するとともに、これらに関連する福利厚生施設の充実を図り、もって被保険者等の福祉の増進と、海運並びに水産業の発展に寄与することを目的とする。
・主な事業の概要
被保険者等の住宅並びに関連する福利厚生施設の調査、研究、広報、相談、指導等に関すること、厚生年金保険の被保険者に対する住宅賃金に係る債権の管理及び回収に関すること、厚生年金保険及び国民年金の被保険者に対し、独立行政法人福祉医療機構が行う年金教育資金貸し付けに関する受託事業等
  
◆本庁外の地方分組織一覧(所管局−社会保険庁)
・地方社会保険事務局が、全国の47都道府県に設置されています。
(参考文献:社会保険庁HP、厚生労働省所管公益法人一覧より)

.


posted by nenkin1321 at 17:12 | 社会保険庁
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。