社会保険事務局

社会保険事務局についてご説明します。

◆社会保険事務局とは、正式には地方社会保険事務局と言い、社会保険庁の地方支分部局です。かつては、各都道府県の保険課という名称でした。それが平成13年の省庁再編により、管轄が都道府県ではなく、社会保険庁になったため、社会保険事務局と名称変更されています。

機関委任事務として、都道府県の一部局を構成してきたことから、現在でも都道府県単位に置かれており、人事異動も都道府県の範囲内です。

社会保険事務局は、社会保険事務所の上部組織として、各都道府県に1ケ所づつ設置されていて、その下に各地域ごとに社会保険事務所が設置されています
従って地方社会保険事務局の統括下に、地方社会保険事務所が存在するということになります。
(地方と記された箇所に各都道府県、社会保険事務所には県市名が入ります。)

社会保険事務局の所掌事務

(1)社会保険事務局の事務所及び社会保険事務所の統括、政府が管掌する健康保険事業、厚生年金保険事業、船員保険事業及び国民年金事業に関することに携わっています。

(2)政府が管掌する健康保険法、船員保険法、厚生年金保険法及び国民年金法等の施行に関することに携わっています。

. 


posted by nenkin1321 at 14:55 | 社会保険事務局
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。