社会保険事務所国民年金

社会保険事務所国民年金についてご説明します。

◆社会保険事務所は、厚生労働省設置法第30条の規定に基づき、設置された国の出先機関です。
所管は厚生労働省の外局である社会保険庁が行い、都道府県単位で、それぞれの地方社会保険事務局が、この社会保険事務所を統括しています。

◆厚生労働省設置法第30条の内容

(1)地方社会保険事務局の所掌事務の一部を分掌させるため、所要の地に、社会保険事務所を置く。

(2)社会保険事務所の名称、位置、管轄区域、所掌事務及び内部組織は、厚生労働省令で定める。

◆国の機関における社会保険事務所の仕事分担
国民年金は、上記の通り国が運営しています。運営主体は国ですが、その事務処理関連を社会保険庁が行っています。そして、社会保険庁の窓口業務を社会保険事務所が行っているという仕組みになっています。

社会保険事務所の役割

(1)国民年金に関するすべての事務を取り扱っています。また社会保険事務所は、国民年金のほか、厚生年金などを含む公的年金に関する総合窓口でもあります。

(2)平成14年4月分から、従来、市区町村役場が行ってきました国民年金保険料の納付に関する事務を社会保険事務所がおこなうことになりました。

(3)従って、国民年金の保険料納付書や納付状態、口座振替、前納、保険料の関する質問、年金手帳の発行、年金を受けている方からの質問等々、国民年金に関するすべての質問窓口となります。

(4)国民年金の未納、国民年金の加入確認、年金徳別便!年金記録問題の回答等の相談、修正窓口でもあります。

社会保険事務所の開庁日、開庁時間

・開庁日:
月曜日〜金曜日(国民の休日及び年末年始の休日を除く)。但し、毎月第2土曜日の他、追加で開庁する土曜、日曜、国民の休日もあります。

・開庁時間:
月曜日(休日の場合は翌日)・・・午前8時30分〜午後7時00分
火〜金曜日・・・午前8時30分〜午後5時15分
 ※当面の間、火〜金曜日も午後7時00分まで開庁します。
 (一部の社会保険事務所及び年金相談センターを除く)
土曜、日曜、国民の休日の開庁日・・・午前9時30分〜午後4時00分

.







posted by nenkin1321 at 12:57 | 社会保険事務所国民年金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。