国民年金特例納付

国民年金特例納付についてご説明します。

◆国民年金受給資格を得るためには、20歳から国民年金に加入し、国民年金保険料を60歳未満までに、25年以上納付することにより、原則的に65歳から、老齢基礎年金を受け取ることができます。

◆但し、国民年金を満額である792,100円(2008年度)を受給するためには、20歳以上60歳未満までの40年間、国民年金保険料を納付する必要があります。

◆老齢基礎年金を受け取るには、25年以上の保険料納付が必要になりますが、低所得者とか、学生等の方々は、毎月の保険料納付が困難な時期があり、最低期間である25年間さえも、続けて保険料納付ができないことがあります。
そのため、救済措置として、一定期間の保険料納付を免除したり、猶予したりできるように取り計らい、その分を後日支払うことで、25年以上の納付に支障が生じないように、各種の特例納付制度を設けています。
その特例納付制度の内容を記します。

(1)保険料の全額免除制度

(2)保険料の一部免除制度
 ・4分の1納付・・・4分の3免除
 ・2分の1納付・・・2分の1免除
 ・4分の3納付・・・4分の1免除

(3)若年者納付猶予制度

(4)学生納付特例制度

(5)退職(失業)による特例制度

(6)任意加入制度@(60歳〜65歳に納付可能)

(7)任意加入制度A(65歳〜70歳に納付可能)
  (昭和40年4月以前に生まれた方のみ)

(8)任意加入制度B(20歳〜65歳未満の納付可能)
  海外に在住する日本国籍の方。

◆詳しい内容については、それぞれの専用ページを参照下さい。更に詳細な内容については、社会保険事務所へお問い合わせ下さい。


posted by nenkin1321 at 20:30 | 国民年金特例納付
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。