国民年金25年

国民年金25年についてご説明します。

◆国民年金とは、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、本人が原則的に65歳になった時、「老齢基礎年金」が支給され、障害者になった場合「障害基礎年金」を、死亡した場合は「遺族基礎年金」が支給される公的な国民年金制度のことです。

◆国民年金の老齢基礎年金受給額は、保険料を40年間納付した場合、満額である792,100円が支給されます。(2008年度現在)

◆それでは、老齢基礎年金の受給資格は、40年だけかというと、そうではなく、最低でも25年間、保険料を支払った場合、老齢基礎年金が受給されるのです。

したがって、正式に言いますと、年金の受給資格は、保険料を25年から40年の間(300ヶ月〜480ヶ月の間)、支払った方に、65歳になったら、老齢基礎年金を支給しましょう、という約束になります。

しかし、25年以上40年未満の保険料納付者に、老齢基礎年金を満額である792,100円を一様に給付するわけではなく、その保険料納付年数に基づき、40年の満額年金から減額されて給付される仕組みになっています。

◆ちなみに、25年間保険料を納付した場合、65歳になって給付される年金額は、単純計算で、約594,000円(免除等の特例含まず)になります。

◆年金給付を満額にするため、任意加入制度等を利用して、60歳から65歳の期間に保険料を納付して、満額に近づけるとか、25年の受給資格を得る等の方法もあります。

.


posted by nenkin1321 at 14:30 | 国民年金25年
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。