国民年金納付書

国民年金納付書についてご説明します。
国民年金納付書は、毎年4月頃に、国民年金加入者に郵送される保険料の払込用紙のことで、平成14年4月から国民年金保険料の納付先が、住所地の市区町村から社会保険庁に変わりました。それに伴い、平成14年度分から、保険料の納付書(払込用紙)・ご案内等は、社会保険庁から送付されています。

◆納付書には、次のものが綴られています。

・口座振替納付申出書
・前納納付書(1年分前納)1枚
・前納納付書(半年分前納)
 毎年4月〜9月分・毎年10月〜翌年3月分納付書 各1枚
・各月別納付書
 毎年4月〜翌年3月分納付書 各1枚  

◆納付書で納めている方は、社会保険庁が発行する納付書で、納期限までにお近くの金融機関や社会保険事務所などで納めて下さい。一部のコンビニエンスストアも利用できます。

◆納付書送付の他に、お得な口座振替の方法もありますので、事前に社会保険事務所、または口座をお持ちの金融機関、郵便局にお申込下さい。

.


posted by nenkin1321 at 16:00 | 国民年金納付書
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。