国民年金満額

国民年金満額についてご説明します。
国民年金とは、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、本人が原則的に65歳になった時、「老齢基礎年金」が支給され、障害者になった時「障害基礎年金」を、死亡した場合は「遺族基礎年金」が支給される公的な国民年金制度です。

◆20歳以上60歳未満の40年間、保険料を納付します。

◆国民年金の老齢基礎年金受給額は、保険料を40年間納付した場合、満額である792,100円が支給されます。(2008年度現在)

◆特別対応
昭和61年3月以前の専業主婦や、平成3年3月以前の学生は、国民年金に加入するか否かは任意制になっていたため、その時代を経て現在に至っています。

もしも国民年金に加入していなかった場合、現在の判断では、保険料を納付しなかった期間は、その期間に応じて受け取る年金額も少なくなってしまいます。

その救済措置として、本人の申し出により、「60歳以上65歳未満」の5年間に保険料を納めることにより、65歳から受け取れる老齢基礎年金を増やすことができます。この制度を国民年金任意加入制度」と言いますので、該当する方は、市区町村役場へご相談下さい。

−参考までに−

◆受給年金額が満額にはなりませんが、老齢基礎年金の受給資格は、25年以上納付した方が該当します。
なお、25年間以上40年間未満の保険料納付者は、その納付年数に基づき、40年の満額年金から減額されて支給されます。

◆毎月の保険料は、14,410円です。(2008年4月現在)
性別、年齢、所得に関係なく一律です。

.


posted by nenkin1321 at 17:00 | 国民年金満額
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。