国民年金受給資格

国民年金受給資格についてご説明します。

◆国民年金受給資格を得るためには、20歳から国民年金に加入し、国民年金保険料を60歳未満までに、25年以上納付することにより、原則的に65歳から、老齢基礎年金を受給できます。

◆但し、国民年金を満額である792,100円(2008年度)を受給するためには、20歳以上60歳未満までの40年間、国民年金保険料を納付する必要があります。

◆転職をした方で、以前は会社勤めで厚生年金に加入、また公務員等で、共済年金に加入していた等々、60歳までの間に、別な年金に加入し、保険料を納付していた場合、それらのすべての年金保険料納付期間が25年以上あれば、国民年金受給資格が得られます。

◆いろいろな事情で、国民年金が認める保険料免除制度や、保険料猶予期間制度を利用したため、満額の年金受給ができる保険料納付期間に満たない場合があります。この場合の保険料免除や保険料猶予期間は、受給資格期間である25年の中に計算されます。(但し年金額には計算されません)

(1)保険料の免除の種類
 
 ・保険料全額免除制度
 ・保険料一部免除制度
 ・退職(失業)特例免除

(2)保険料の納付猶予の種類
 
 ・学生納付特例制度
 ・若年者納付猶予制度

◆特別な対策
年金を受給するために必要な保険料納付期間の25年以上に不足している、昭和40(1965)年4月1日以前に生まれた人については、65歳以上70歳未満の期間においても、任意加入できる道が開かれています。

.



posted by nenkin1321 at 19:00 | 国民年金受給資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。