国民年金加入手続き

国民年金加入手続きについてご説明します。

◆国民年金の加入対象者
日本に住所がある20歳以上60歳未満のすべての方は、強制的に国民年金制度に加入することになっていますが、職業などにより、次の3種類に分けられます。

(1)第1号被保険者
自営業者、漁農業者、学生、フリーター、無職などの方。

(2)第2号被保険者
厚生年金または共済年金に加入している会社員や公務員などの方。

(3)第3号被保険者
第2号被保険者に扶養されている配偶者。

[注釈]
第1号被保険者の方は、国民年金加入手続きが必要です。
第2号・第3号被保険者の方は、第2号被保険者を雇用している事業主が加入手続きを行います。

◆自分から希望して任意加入する方
 下記の方は、自分から希望すれば国民年金に加入できます。

(1)海外に居住している20歳以上65歳未満の日本人。

(2)厚生年金保険や共済組合に加入していない60歳以上65歳未満の方で、国民年金保険料納付が25年以上の受給資格を満たしていない方や、国民年金満額に近づけたい方。

(3)65歳では、国民年金保険料納付が25年以上の受給資格がないが、65歳以降70歳までに加入すると受給資格ができる方(昭和40年4月1日以前生まれの人に限る)

(4)届け出やお問い合わせは、現住所が管轄する市区町村役場まで。

国民年金加入手続きや内容変更の届け出
国民年金への加入や、届け出済みの内容に変更がある場合、届け出が必要です。届け出先は、現住所が管轄する市区町村役場です。

(1)加入の場合
・20歳になった時、社会保険事務所から送られた加入届を持参。
・海外から帰国した時、パスポートと年金手帳を持参。
・退職(厚生年金や共済年金加入者)した時、年金手帳、離職・退職証明書、社会保険の資格喪失書などの退職した日付がわかるものを持参。

(2)種別が変更になる場合
・第2号被保険者の扶養からはずれた時、本人と配偶者の年金手帳、資格喪失証明書など扶養から外れたことがわかるものを持参。


.





posted by nenkin1321 at 22:00 | 国民年金加入手続き
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。