国民年金死亡一時金

国民年金死亡一時金についてご説明します。

◆国民年金の第1号被保険者として、保険料を3年以上納付した人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受け取らないで死亡した場合、その遺族に一時金として支給されます。

国民年金死亡一時金を受け取れる遺族の順番
 
 @ 死亡した方と生計を共にしていた配偶者
 A 子
 B 父母
 C 孫
 D 祖父母
 E 兄弟姉妹

国民年金死亡一時金は、遺族基礎年金を受け取る人がいる場合、支給されません。

◆国民年金寡婦年金と国民年金死亡一時金の両方が該当する場合、どちらか一方を選択します。

◆国民年金付加年金を3年以上納付していた場合、8,500円が支給されます。

国民年金死亡一時金は、2年を経過すると、時効により請求できなくなります。

◆国民年金死亡一時金の支払い例

    保険料納付月数      支給額
 36ヶ月以上180ヶ月未満  12万円
 420ヶ月以上          32万円

.

 


posted by nenkin1321 at 07:00 | 国民年金死亡一時金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。