国民年金第1号被保険者

国民年金第1号被保険者について、ご説明します。
◆公的年金制度に加入する場合、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満までの、自営業者、漁農業者、学生、フリーター、無職の人は、すべて国民年金に加入し、国民年金第1号被保険者になる必要があります。

◆第2号被保険者の配偶者(妻)本人が、パート就労などによって年収が130万円以上に及ぶ場合、夫とは別に国民年金に加入し、国民年金第1号被保険者になる必要があります。

◆会社勤めをしている妻が第2号被保険者で配偶者が夫である場合、夫は仕事に就くか否かで、国民年金第1号被保険者または第3号被保険者になります。男女の立場による違いはありません。

◆夫が会社や官公庁を退職した時、その配偶者(妻)が扶養者である場合、配偶者が国民年金第1号被保険者になる手続きが必要になります。
また、夫と妻が、その逆の立場であった時も、配偶者(夫)がその手続きを必要とします。

◆海外から転入したとき(第2・3号被保険者の人を除く)

◆任意加入制度に加入できる資格(60歳以上65歳未満)をもつ人が国民年金に加入する場合、第1号被保険者の手続きが必要です。

国民年金第1号被保険者だけの独自な納付及び給付方法があります。内容が下記の通りです。詳しくは各専用ページをご覧下さい。

・付加年金:毎月の保険料に上積みして、年金額に上乗せする。

・寡婦(かふ)年金:保険料納付期間が25年以上ある夫が、年金を受け取る前に亡くなった場合の給付。

・死亡一時金:保険料を3年以上納付した方が、年金を受けずに亡くなった場合の給付。

・短期在留外国人の脱退一時金:国民年金に加入している外国籍の方が、年金受理前に帰国する場合の給付。

・任意加入制度:国民年金保険料を完納していない方が、60歳〜65歳にかけて保険料を納付し、年金を満額に近づける制度。

.


posted by nenkin1321 at 12:00 | 国民年金第1号被保険者
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。