国民年金の基礎知識

国民年金の基礎知識についてご説明します。

◆国民年金とは、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、本人が原則的に65歳になった時、「老齢基礎年金」が支給され、障害者になった場合「障害基礎年金」を、死亡した場合は「遺族基礎年金」が支給される公的な国民年金制度です。

◆毎月の保険料は、14,410円です。(2008年4月現在)
性別、年齢、所得に関係なく一律です。

◆20歳以上60歳未満の40年間、保険料を納付します。

国民年金の老齢基礎年金受給額は、保険料を40年間納付した場合、満額である792,100円が支給されます。(2008年度現在)

◆老齢基礎年金の受給資格は、25年以上納付した方が該当します。
なお、25年以上40年未満の保険料納付者は、その納付年数に基づき、40年の満額年金から減額されて支給されます。

国民年金の被保険者は、職業・就労形態や保険料の納め方で、第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者の3種類に分かれていますが、国民年金に直接保険料を支払うのは、第1号被保険者のみになります。

[注]:第1号〜第3号の被保険者の詳細は、このブログ内の各専用ページをご覧下さい。

◆従来の年金制度は、「サラリーマンを対象とする厚生年金保険」、「公務員などを対象とする共済組合」、「自営業者などを対象とする国民年金」に完全分離されていましたが、就業構造、産業構造の変化により財政基盤が不安定になり、長期的安定が図れないと同時に、制度により給付や負担に不公平が生じてきたため、全国民共通の基礎年金制度が導入されて、現在は次のように改正されています。

 ・国民年金:基礎年金(老齢基礎年金)のみ
 ・厚生年金:基礎年金(老齢基礎年金)+厚生年金上乗せ分
 ・共済組合:基礎年金(老齢基礎年金)+共済年金上乗せ分

       (上記には基金等の上乗せ分は含んでいません)

国民年金の保険料は、全額、社会保険料控除の対象になります。

・例えば、平成20年中に毎月現金で納付された場合、171,680円が、控除対象になります。
 内訳(1月〜4月:14,100円×4ヶ月、5月〜12月:14,410円×8ヶ月)
  
◆国民年金の内容について、1ページでは説明し切れないため、このブログ左側のカテゴリー欄に、各タイトルに基づいた専用ページを用意しています。知りたい内容は、カテゴリー欄のそのタイトルをクリックしてご覧下さい。

.






posted by nenkin1321 at 22:00 | 国民年金の基礎知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。