国民年金障害

国民年金障害についてご説明します。
国民年金障害とは、国民年金障害基礎年金のことを指し、国民年金に加入している間に、病気やケガで一定の障害の状態になった場合に支給されるものです。

国民年金障害基礎年金を受給できる対象者とは

受給できる対象者は、国民年金に加入している方、または過去に被保険者であった方で、日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方が対象になります。
また、20歳未満のまだ国民年金に加入する前に、病気やけがで障害者になった場合も、国民年金障害基礎年金の対象者になります。

国民年金障害基礎年金が受けられる要件

(1)初診日(病気やけがで初めて医師の診察を受けた日)に、国民年金の被保険者であること、または、過去に国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住んでいることが必要で、次のいずれにも該当することが必要です。

:障害認定日に、国民年金法で定められている障害等級表の1級または2級の障害状態になっていることが必要です。または、障害認定日に障害の状態に該当しなかった方が、65歳の誕生日までに該当するようになり、請求した時です。

[注]:障害認定日とは、初診日から1年6ヶ月を経過した日、または1年6ヶ月以内に傷病が治った場合は、その治った日を指す。

:初診日の前々月までの被保険者期間の内、3分の2以上の保険料納付期間があることが必要です。(保険料免除期間・学生納付特例期間も含みます)
また、初診日が平成18年3月31日までの間にある時は、初診日の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければ、請求できます。

(2)20歳前の傷病による国民年金障害基礎年金

20歳に達する前に初診日がある病気やケガで障害になった場合、20歳に達した日か、または障害認定日に、障害の程度が1級または2級の状態であれば、障害基礎年金が支給されます。
但し、受給権者の前年の所得が、国民年金法で定められた限度額を越える場合、一部または全部の支給が停止されます。

国民年金障害基礎年金額について(平成20年度)

 :1級障害年金額  年額 990,100円
 :2級障害年金額  年額 792,100円

◆本人に、生計を維持していく必要がある子供がいる場合

受給権者が、その権利を取得した当時、受給権者により生計を維持されていた18歳までの子供(18歳の誕生日以後の最初の3月31日までの間にある子を含む)、または20歳未満で、障害基礎年金に該当するする障害がある子供がいる時、次の額が加算されます。

:子供の加算額

    加算対象の子供       加算額
  2人目まで(1人につき)  227,900円
  3人目から(1人につき)   75,900円

.


posted by nenkin1321 at 19:00 | 国民年金障害
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。