学生納付特例制度

学生納付特例制度についてご説明します。
便宜上、「国民年金学生」と呼ぶ人がいますが、正式には、学生納付特例制度のことを指します。

日本国内に住むすべての人は、20才になった時から国民年金の被保険者になり、保険料を納付する義務を負います。

但し学生については、本人の所得が基準以下の場合、申請することにより、在学中は保険料の納付を猶予してもらい、後年になってその分を納付するという猶予特典があります。

◆申請者本人の所得基準(平成20年度)

扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等+118万円

学生納付特例制度の対象となる学生の種類

高等学校、高等専門学校、専修学校、短期大学、大学、大学院、各種学校、一部の海外大学日本分校に在学する方で、夜間・定時制課程ヤ通信過程の方も含まれます。

[注]:各種学校は、1年以上の修業年数課程に在学している方で、私立   学校については、都道府県知事の認可を受けた学校に限定されま   す。
  :海外大学日本分校の場合、日本国内にある分校で、文部科学大臣   が個別に指定した課程に在籍している方に限定されます。

学生納付特例制度を経て老齢基礎年金を受け取る場合

老齢基礎年金を受け取る場合、25年以上の納付期間が必要ですが、学生納付特例制度を受けた期間は、25年以上の受給資格期間に含まれます。但し、老齢基礎年金額の計算対象の期間には含まれません。

そのため、学生納付特例制度を受けた期間から10年以内に保険料を追納すれば、将来受け取る老齢基礎年金を満額に近づけることができます。

実質的には、2年を経過すると学生納付特例を受けた当時の保険料に一定の加算額がつくことになっています。

学生納付特例制度期間中に障害や死亡が生じた場合

学生納付特例制度期間中に障害や死亡が生じた場合、障害基礎年金または遺族基礎年金が支給されます。

◆申請手続きに必要なもの

 :国民年金手帳
 :印鑑
 :学生であることを照明する書類
 :前年所得を証明できる書類

.


posted by nenkin1321 at 16:00 | 国民年金学生
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。