国民年金法について

国民年金法についてご説明します。
◆1959年、国民年金法が制定され、1961年4月から施行されました。その後いろいろな改正の変遷を経て、今日に至っています。

◆最近の改正状況として、2004年、急速な少子高齢化の進展が予想され、将来にわたり年金制度を安心できるものとするために、給付と負担の見直しや収納対策を徹底する改正が行われました。

国民年金法について、見直しの主な内容は下記の通りです。

基本的な考え方
・社会経済と調和した持続可能な制度を構築し国民の制度に対する信頼を確保すること
・多様な生き方・働き方に対応した公的年金制度の構築

国民年金法の主な改正点

・保険料水準固定方式の導入(保険料水準の固定化)
・マクロ経済スライドの導入(負担と給付のバランスを取る調整)
・国庫負担割合の引き上げ(3分の1→2分の1)
・所得情報を取得するための法的整備
・口座振替による保険料割引制度の導入
・若年者猶予制度の導入
・保険料多段階免除制度の導入(2006年7月から4段階)

◆詳細な内容を知りたい方は、国民年金法が掲載されているURLを紹介します。

 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO141.html

.


posted by nenkin1321 at 03:00 | 国民年金法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。