国民年金加入・納付記録

国民年金加入・納付記録についてご説明します。

◆社会保険庁では、インターネットで、自分の年金加入記録や納付記録をいつでも閲覧できる「年金個人情報提供サービス」を開始しました。

◆ご利用の際には、ユーザID・パスワードが必要になりますので、あらかじめ、申込手続きを行って下さい。
ユーザID・パスワードの発行には、通常申込から発行までの期間は2週間程度必要になります。
(申込が集中した場合などは、多少期間が延びる場合があります)

閲覧の仕方と閲覧内容について
(1)申込された内容と、基礎年金番号で管理している記録の当事者であるかどうかの確認をさせていただいてから、ユーザID・パスワードを自宅に郵送します。

(2)社会保険庁ホームページから、ユーザID・パスワードと、申込時に自分で設定された「お客様設定パスワード」を入力することにより、利用できます。

(3)このサ―ビスで閲覧できる年金加入記録は次の通りです。
・これまでの公的年金制度の加入の履歴(加入制度、事業所名称、資格取得・喪失年月日、加入月数等)
・国民年金保険料の納付状況
・厚生年金の標準報酬月額、標準賞与額
・船員保険の標準報酬月額、標準賞与額など

(4)年金加入記録は、「年金加入記録(一覧)」画面に表示されている更新年月日時点での記録となります。

このサービスで取り扱っていない年金類
(1)現在、共済組合等に加入されている方は、本サービスの対象外となっています。本サービスを申込んだ段階で、ユーザID・パスワードが発行されない場合があります。
取り扱っていないのは、共済組合期間や組合間の異動については、各共済組合がそれぞれ管理していて、社会保険庁では、定期的に各共済組合から情報提供を受けていますが、情報提供のタイムラグや情報提供に期間を要している等の理由により、共済組合の最新情報が取り込まれていない場合があって、内容が明確でないからです。

(2)過去に共済組合に加入していた方の共済加入期間については、本サービスで閲覧できない場合や正確に表示できない場合があります。
それは、上記と同じく各共済組合が管理していて、社会保険庁で記録を管理していないため、表示できない場合や、正確に表示できない場合があります。
仮に本サービスで提供するとしたら、社会保険庁が把握している記録のみになります。

(3)旧農林漁業団体職員共済組合の厚生年金への統合前の加入記録(平成14年4月1日より前の記録)については、存続組合に事務を委託しているところであり、社会保険庁はこの期間についての記録を把握していない場合がありますので、この期間についての提供は、社会保険庁で把握している記録のみとさせていただきます。

(4)老齢年金を受けている方(年金が決定されて停止中の方を含みます)は、本サービスの対象外になります。

◆本サービスのインターネット対応策として、安心して利用できるように、完璧なセキュリティ対策を講じています。

・暗号化技術の採用
インターネット通信時に128 bit SSL(Secure Sockets Layer)という暗号化技術を採用し、お客さまの大切な情報が盗まれたり、故意に書き換えられたりされないように保護しています。

・システム構成
 複数のファイアウォールを設け、外部からの不正なアクセスを防いでいます。主要機器は二重化するなどの対応により、万全なバックアップ体制を整備しています。

・その他、不正利用の対策や複数パスワードの使用及びセキュリティ監視体制を整えています。

◆【申込方法】
URL:
https://www3.IDPASS-NET.sia.go.jp/neko/action/index
上記のページの「ご利用登録」から申し込んで下さい。

◆【利用環境】
本サービスについては、「Microsoft Windows2000(SP4)」以降のOSと、「Microsoft Internet Explorer 5.5(SP2)」以降のブラウザを使用できるパソコンで利用できます。

◆社会保険庁では、年金加入者の皆様へのサービス向上のため、今後も積極的に年金個人情報等の提供サービスを推進していきます。

.


posted by nenkin1321 at 17:10 | Comment(0) | 国民年金加入・納付記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。